Loading

BLOG

ZESTO ゼスト収納付きベッドでコスパがいい選び方を!マットレス付きが1番のおすすめ

ZESTO ゼスト収納付きベッド

ZESTO ゼストベッドは5つの希望に応えるコスパがいいおすすめ収納ベッド!

ZESTO 収納付きベッドが一番のおすすめ!その理由はコスパにある

ZESTOをおすすめする5大メリット

  • 価格(値段)が安くコスパがいい
  • ベッドの本体フレームのみでも購入できる
  • 寝心地のいいマットレス付きで選べる
  • ヘッドレスタイプもヘッドボード(宮棚)付きも選べる
  • 収納に便利な引き出しが付いている

この5大ニーズを満たしてくれる収納付きベッドだからなのです。

だから、収納付きベッドには ZESTO ゼストベッドをイチオシします!

ゼストベッドは価格(値段)の安さとコスパ・拡張性がいい




ZESTOゼストベッドの選び方で最も価格が安いシンプルなタイプは、参考価格15,900円(税込)

この価格でどんな仕様になっているのかを見ると

シングルサイズ、本体フレームのみタイプ、ヘッドレス、キャスター付き引き出し2杯付き、すのこ床板ベッドという仕様になっています。

また、マットレス床面のすのこには、 LVL(単板積層材)という強度の高い木材を素材とした材料を使用することで耐久性を高めています。

ベッド本来の耐久性をしっかりと備えた格安のベッドであるにも関わらず、見た目の美しさとモノトーンを基調としたデザインがひときわ目を引きます。

外観の美しさを保つために、本体フレームにはメラミン樹脂シート張り化粧板を採用し見た目にもとてもキレイな仕上げになっています。

さらに、予算上の関係によりヘッドボード付きを最初から購入はできないけれど、あとからグレードを上げたい!

という希望にも応えることができるように、同じZESTOゼストのデザインシリーズでキャスター付きのスライドワゴンを購入することで、当初セットになっているヘッドボードではできなかった多機能な使い方ができるようになっています。

例えば、最初に予算の関係からヘッドレスタイプのベッドを購入したけれど、後から費用の都合がついたのでヘッドボードを付けたいと思ってもヘッドボード単体で販売されていないいないのが一般的ですね。

そのため、一度ヘッドレスタイプを選んでしまうと後からヘッドボード単体が欲しくなった場合、同じシリーズで購入することができないことが多いため、残念なことにヘッドボードの取り付けはあきらめるしかありませんでした。

もちろんZESTOゼストベッドも、他のベッド同様にヘッドボード単体での購入という選び方はありません。

ところが、ZESTOゼストベッドの場合、そのヘッドボード(宮棚)に替えてZESTOゼストシリーズのキャスター付きスライドワゴンの別売りを購入することで、スライドワゴンがヘッドボードを超えた役割と機能を果たしてくれるのです。

ヘッドレスタイプのベッド上部にスライドワゴンを組み合わせて置いたのが次の写真です。


スッキリと見えていたヘッドレスベッドが、とても機能的なシステムベッドに変わりましたね。

ここまで機能アップすると、在宅テレワークにも使いたくなる頼もしいマイデスクの出来上がりです。

もちろん大人だけでなく、子供用の学習机の代わりに使うこともできますね。

学習机に向かうのを嫌がる子どもでも、学習机の雰囲気を感じさせないシステムデスクで雰囲気を変えることにより、いつの間にか自分から勉強してくれるようになるかも?!

そんな場面さえも思わず期待してしまいます。

ところで、このスライドワゴンはヘッドボード(宮棚)を代用することができるだけでなく、ご覧のとおり使い方によりシェルフ、オープンラック、シェルフ、テレワークデスクにも活用することができます

つまり、あなたのアイデア次第でどんどん使い方の幅を広げることができるとても便利で優れものなのです。

それだけではありません!

驚くことにこのスライドワゴンは伸縮させることができるので、シングルベッドからダブルベッドまでヘッドボード(宮棚)として使ったり、伸縮サイドテーブルとして使うことができる大変便利な機能を備えています。

テーブル部分が伸縮するということは、偶然ぶつかってしまったときなどにテーブルの天板がずれてしまい、上にのせていたノートパソコン、スマホやタブレットが落ちて大変な事態になりそうな心配もありますよね。

ところがその点も安心!

なぜなら、テーブルの天板には、下の写真のようにストッパーボルトが天板のずれを防いでくれるからです。


大切なものが落ちてしまうことが無いようにストッパーボルトがしっかりと守ってくれるようになっているのです。

さりげないところにも、安全と安心のための心配りがされているのがZESTOゼストシリーズのいいところなのです。

このような機能が備わっているということは意外にも予想外の事態で大切なものを落として壊してしまう残念な事故は、想像以上に多いのかも知れません。

「転ばぬ先の杖」という言葉がありますが、こういう不測のことを想定して事故を未然に防ぐように作られたものこそが、本当に使う人のことを考えた親切設計、または安全設計なのでは、と考えさせられるものさえあります。

そんな安全のことを、しっかりと考えた上で、上の写真のようにさりげなくストッパーボルトがつけられている、その存在からは、とても大きなやさしさを感じさせてくれます。

これなら、予算上の関係で最初はヘッドレスタイプのベッドを購入したとしても、スライドワゴンを購入することでヘッドボード(宮棚)と同じような使い方ができるので、後からヘッドボードの機能を付けたくなった時にも安心して拡張することができるようになりますね。

ヘッドボードの有無にかかわらず、後からテレワーク用の机が欲しいというようなニーズが生まれても、同じシリーズのデザインのデスクとしてスライドワゴンを活用できるようになります。

机単体を使うとき、ベッドと同じデザインになっているだけで、システムマティックなお部屋のデザインに見えてくる効果が期待できるので、環境の変化によりテレワークをしていても知らず知らずのうちに猛然と仕事に意欲がわいてくるかも知れませんね。

統一したデザインや同じ色調の家具を置くことで意外にもメンタルにおいてもプラスの効果を期待することができるかも知れません。



同一デザインの家具や統一性のあるお部屋に揃えるようにすることで保つことができるお部屋のイメージは、機能的なシステムベッドを導入したように気分一新、新しいお部屋のイメージを感じさせてくれるものです。

ヘッドレスとヘッドボード(宮棚)付きの価格差はほんの僅か!

ZESTO ゼストベッド のヘッドレスタイプはシングルサイズ1種類となっています。

さて、このシングルサイズでヘッドレスとヘッドボード(宮棚)付きのどちらを選ぶべきかを悩んでいる方に、是非知っておいていただきたいことがあります。

それは、驚くべきことにヘッドレスタイプとヘッドボード(宮棚)付きのタイプの価格差は標準価格で比較した場合、僅か、900円程度しかその差はないということです。

普通に考えるとヘッドボードが900円で購入することができるわけがありません。

そうなると、どう考えても ZESTO ゼストベッドの選び方は、ヘッドボード付きの方が絶対にお得に決まってるはずなのです。

はずなのです?

この言葉に反応する方なら、「ヘッドボード(宮棚)付きの方が得に決まっている」と思うことでしょう。

でも、例えばベッドの長さで比較してみると、ZESTOゼストベッドのヘッドレスタイプの全長は、「199.4cm」



ヘッドレスに対してヘッドボード(宮棚)付きの場合、全長は「213.4cm」



その差は、「14cm」となります。

僅かな長さの差と思う方も多いかも知れません。

例えば、その14cm分ベッドのサイズが長くなることで

  • 希望の場所にベッドが置けない
  • 部屋のドアが開かなくなる
  • クローゼットと干渉する
  • チェストの引き出しが最後まで空かなくなる
  • 部屋の空間が狭くなって不便

ということが起きてしまうこともあるわけです。

そんなこともあり、ベッドの全長がわずかでも短くなっていることで、普段の生活に支障を感じることなくなる場合もあるのです。

つまり、お部屋や寝室の状況、さらには環境によってはヘッドボード(宮棚)付きよりもヘッドレスタイプの方がはるかに生活上における利便性が高くなるという場合もあるということです。

このような理由もあることから、価格差だけを考えてヘッドボード(宮棚)があった方がお得!

とは言い切れない場合もあるのです。

でも、そんな心配もなく、ヘッドボード(宮棚)付きをお部屋に入れることができるスペースがあるのであれば、ヘッドボード(宮棚)付きを選ぶことをオススメします。

その理由は簡単です!

ヘッドレスタイプのベッドと比べた場合、1,000円以内の価格差にもかかわらず、ヘッドボード(宮棚)が付いている上に、そのヘッドボード(宮棚)にはコンセントもUSBポートも付いているからです。

逆の発想をするなら、1,000円程度の追加をすることでヘッドレスのベッドがヘッドボード(宮棚)付きになるのであれば、多くの方はヘッドボード(宮棚)付きを選ぶことでしょう。

何しろ、ヘッドボードを1,000円で購入することはできないわけですから。

とは言いながらも、ヘッドボード付きを好む方もいますが、ヘッドボード無しの方を好む方もいますので、値段だけで決めることはできませんが、それぞれ個人のお好みということになります。

ヘッドボードの前板の深さにも、さりげない気配りがされているのが ZESTO ゼスト収納付きベッドのポイント

ZESTO ゼストベッドのヘッドボードパネルは高さ32cmのディープパネルデザインを採用しています。


このディープパネルデザインの特徴ですが上の写真のように、ヘッドボードを32cmの幅にしたことで、マットレス床面との隙間を10cmに抑えているところにあります。

例えば、もしも、このヘッドボードの隙間が10cm以上になっていたとしたならば、マットレスはその隙間以上の厚みのものを用意しなければ、ヘッドボードに隙間ができてしまいます。

そのため、そこの隙間にホコリがたまったり、スマホやタブレット、その他小物が落ちてしまったりすることが多くなり、とても不便になってしまいます。



しかし、上の写真のようにZESTO ゼストベッドの場合には、ヘッドボードパネルの長さを深くすることで、厚さ10cmの薄型マットレスを敷いてもヘッドボードとの間に隙間ができることはありません。

つまり、薄型のマットレスを選んでも、ヘッドボードとマットレスの間には隙間ができないので、ご心配するような不便を感じることにはなりません。

そのため、厚さのあるマットレスだけでなくお好みにより10cmの厚さの薄型マットレスを選ぶことができるようになったわけです。

隙間がそんなに不便なら、最初からヘッドボードに隙間を作らないようにすることで色々な不便を解消することができそうな気がしますよね。

確かに隙間が無ければそういう不便は解消することはできます。

ところが、意外に思うかも知れませんがヘッドボードとマットレス床面との間に空間を用意しなかった場合、マットレスの側面の一部からの通気をヘッドボードが妨げることとなってしまうのです。

たかがヘッドボードの幅の分の通気性が悪くなったとしても、そんなに変わりはないと考える方もいるかも知れません。

でも、湿気やカビ対策のためには、その僅かな空間といえるようなスペースであっても通気性を確保することが大切な条件になってくることもあるのです。

そもそもマットレスの上に横になった時、マットレスの側面からも換気や通気を行うことができることで、マットレスの両サイド、フットレス、ヘッド部分からの通気性が高まることは湿気対策やカビ対策にはとても大きな意味があるわけです。

だからこそ、たかがヘッド部分の隙間とも思える部分であったとしても、長年の湿気とカビ対策には大きな効果を生み出してくれる構造になっているといえるのです。

いつの間にか、枕元側にたくさんのカビや湿りがあったら気になって熟睡できなくなってしまうだけではなく、健康面も心配になります。

湿度の心配をすることが無い方ならともかく、普段から湿気やカビに気を遣う必要を感じている方には、最初から通気性を考えた構造になっているベッドを選ぶ方が安心ですよね。

いっそのことヘッドレスを選ぶなら、ヘッドボードが無いので、ヘッドボードに関連するカビや湿気対策の心配はありません。

ヘッドレスを選ぶという選択をすることには、そんなメリットもあるのです。

このように、ヘッドボード付きの ZESTO ベッドでヘッドボード付きを選んだとしても、薄型マットレスの選択をする幅が広がり、今まで以上に自分好みのマットレスが選びやすくなるのはとてもうれしい配慮でもありますね。

コスパでおすすめのベッドでありながら、長い間眠りのパートナーとして高級なベッドにも決して負けないほどの、さりげない気配りがされているベッド

それが、ZESTO ゼスト 収納付きベッドなんです。

ヘッドレスタイプ本体フレームのみを購入する!マットレスなし



はじめてベッドを購入するなら、マットレスも必要になるのでベッドフレーム本体とセットになっている、マットレス一式のセットを選んで購入するのはとても自然なことと言えます。

でも、ベッドを買い替える場合やお気に入りのマットレスがあるようなとき、さらには、今までのマットレスに何の問題もなければ、わざわざ新しいマットレスを購入する必要はありません。

できることからマットレスはそのまま使いたいというのが普通ですね。

だからマットレスセットではなくベッド本体フレームのみを購入したいという希望があるのは当然のことなんです。

何といってもマットレスはサイズも大きいことから処分費用や手間暇もかかるわけですから。

そんなわけで、寝心地がいい愛用のマットレスをお持ちの方は、当然のようにマットレスの購入費用も節約することができるので、ベッド本体フレーム単体を購入するという選び方もできます。

ZESTO ゼストベッドは湿気やカビの対策として床板にスノコを採用し通気性を確保している



収納付きベッドは湿気とカビがデメリットともいわれていることから、マットレスの床板にはすのこを採用し、通気性を高めるようにしてあります。

また、日々、引き出しの開け閉めをすることは、自然に空気の流れが起きるようにもなるので、結果として換気にもつながります。

このように普段の生活のリズムの中で自然に通気を高め、意識することなく湿気やカビ対策に役立つようにするためには、何といっても引き出しの開け閉めがスムーズに行われるようになっている必要があります。

そのために、引き出しの開け閉めがより軽くスムーズになるよう、下の写真にあるように引き出しにはキャスターが付いています。


季節を問わず湿気やカビの対策として、キャスター付き引き出しのメリットを活用し、開け閉めをドンドン行い、通気性を高めましょう。

でも、ベッドの置き場所の関係で引き出しが開けにくくなったら通気性が悪くなってしまうのでは?

そんな心配をできるだけすることがないように、ZESTOゼストベッドの引き出しは上の写真、そして下の写真のように左右どちらにも取り付けができるようになっています。

だから自分の寝室のレイアウトや家具の置き場所などに合わせて、ベッドの位置をお好みで決めることができるようになるのはとても便利でうれしいですね。


ところで組立が難しいのではと心配な方もいることでしょう!

組立手順は次の写真のように大きく4つのブロックに分けることができます。


どうですか?

この中でも引き出しは他の部分と比べて部品点数が多くなるので、多少組立に時間は必要になりますが、それ以外の部品点数は決して多くはありません。

だから多少組立に時間がかかるのは仕方がありませんが、組立自体が難しいと悩むことはないはず。

こうして全体の組立イメージを見るかぎり、難しくはなさそうだということがわかると思います。

そうは言っても、やはり組立は少し不安があるという方には、

迷わず開梱・組立・設置有料サービスをおすすめします!

この有料サービスは、自分で組み立てなくてもいいというメリットはもちろんですが、組立の得意不得意は個人差があるので、

組立自体が面倒だと思う方

組立自体が嫌いな方

一人暮らしなので組立ができなかったときのことを考えると心配

というような場合には、特におすすめのサービスです。

せっかくお気に入りのベッドを購入したのに、ベッドの組立ができなかったり、途中までしか組立ができなかったりすると、とても困ったことになってしまいすものね。

開梱・組立設置有料サービス

ベッドの組立や開梱に不安をお持ちの方は開梱・組立設置有料サービスで思いっきり楽しちゃいましょう!

 


ZESTO(ゼスト)収納付きベッド すのこタイプシングルベッド 棚・コンセント・USBポート付き

≪参考価格≫25,290円(税込) シングルベッド ネルコZマットレス付き

 

マットレス付き、本体フレームのみもお好みで選び方を決めることができるとってもお得な収納付きベッド!それがzesto ゼストです。

うれしいお値段!参考価格は「シングルサイズ ネルコZマットレス付き」税込みで2万円台なのです。

繰り返しになりますが、この価格でマットレス付きなのはとってもお得ですね。

マットレスは今使っているものが寝心地がいいので、そのまま使い続けたいというご希望なら、本体フレームのみのマットレスなしタイプ、ヘッドボード(宮棚)付きの参考価格は、

驚くべき格安価格!16,400円(税込)

ヘッドレスタイプの本体フレームのみを選ぶなら、さらに価格が安くなり

激安価格!15,900円(税込)

しかもこのベッド、高級感のある木目調のヘッドボード付き だからスマホや小物もしっかり置けるのでベッド周りをスッキリと見せることができます。

ベッドフレームカラーは、お好みに合わせてホワイトとブラックの2色から選べます。

フレーム表面には耐水性や耐熱性、耐摩耗性に優れた「メラミン化粧板」が採用されています。

つまり本体フレームに付いた汚れや水分がふき取りやすくなっているからいつもキレイな状態にしておけるということなんです。

そして収納に困らないようにキャスター付きの2杯引き出し付き。 引き出しにキャスターが付いているから出し入れもグーンと楽になりますね。

コンセントは2口付いているから、スマホを充電中でもコンセントに困ることはありません。

さらに、うれしいことにUSBコンセントが標準で付いているからコンセントは2口まるまる使うことができる親切設計!

これならコンセントの数が足りなくて悩むこともありませんね。

写真のベッドは、ヘッドボード(宮棚)付き、ポケットコイルスプリングマットレス付きで参考価格は25,290円(税込)なのです。

いかがですか?

ヘッドボード(宮棚)タイプ、マットレス付きのシングルベッドをこのお値段で手に入れることができるのです。

こんなにコスパのいいベッドだから、 もちろんベッドは「ゼスト」にキマリ!

 

【ZESTO別売りスライドワゴン】

ZESTOベッドのデザインにピッタリのスライドワゴンです。

ヘッドボードの代わりにすることもできますが、もちろん単品で収納用にしたり、簡易デスクにすることもできます。

アイデア次第で色々な用途に使うことができる、シンプルでモダンな多目的キャスター付きワゴンは特におすすめ!

≪参考価格≫7,990円(税込) ※ZESTO(ゼスト)ベッドとセットになったタイプも選べます。

 

選び方がわかるおすすめポイント

■湿気とカビ対策

マットレスの床板にスノコを採用することで、収納付きベッドのデメリットと言われがちな湿気対策をしたスタイリッシュデザインの収納付きベッドです。 マットレスの床板がすのこ仕様になっているので、すのこの隙間が空気の対流をサポートすることで、気になる湿気やカビの対策になるという仕組みになっているわけです。通気にすのこを使うというシンプルな方法なのですが、ベッド周りの湿気やカビで困っているのなら、床板はすのこタイプを使うことをおすすめします。もちろん、湿気やカビの心配がない方にも安心しておすすめできるのです。マットレスの通気性を高めていつもさわやかな肌触りのマットレスに保ち寝心地の良い状態にしておきたいものですね。

■ヘッドボード付き

ヘッドボードにはスマホやタブレットを立てかけたときにも落ちてこないように立ち上がりが付いています。また、多少幅のあるものでも置くことができるように奥行き14cmの幅を確保した便利な仕様が特徴 ヘッドボードに置いた物が落ちてくると睡眠が妨げられてしまうことも。 そんな不便を解消したとても便利なヘッドボードです。 薄型マットレスを置いてもヘッドボードに隙間ができにくいディープパネルデザインを採用しているので、厚さ10cmの薄型マットレスに変えたときにもヘッドボードに隙間ができません。 ベッドの外観やデザインを損なう心配がないのがとてもうれしい仕様ですね。

■ヘッドレス

スッキリとしたデザインのヘッドレスタイプも選べます。 ヘッドレスを選ぶとベッドの長さが短くなるので、あともう少しだけ長さが短いベッドが欲しい!というようなご希望の場合にはピッタリ! 見た目のデザインだけでなく、ベッドの配置でドアや家具などに干渉することを避けることができる実用性もしっかりとあります。

■照明

照明は付いていませんが、コンセント2口とUSBポートが標準装備されているので、照明が必要な方は、お気に入りの照明の購入をおすすめします。照明が付いてないことで、標準で装備された照明ではなく、自分だけの好みの照明を選ぶという楽しみもありますね。

■コンセント付き

ヘッドボードにはホコリ防止カバーが付いたコンセント2口(ダブルベッドは、2つ)とUSBポートが付いています。 スマホやタブレットの電源として充電をしたりすることができるのがとても便利。 コンセント付きだとベッドの上に電源コードが走り回ることがなくなるから、見た目にもスッキリ! ※ダブルサイズは左右それぞれにコンセントとUSBポートが付いています。

■引き出し2杯付き

ベッド下には左右どちらにも取り付け可能な引き出しが2杯付いています。引き出しは左右どちらにも取り付けができるので、模様替えなどのときにも左右どちらでもお部屋の壁側にベッドを寄せて置くことができるのはとても便利! また、引き出しの反対側はオープンスペースとして大容量収納ができるようになっているので普段の出し入れが少ない季節性の物などを収納することができるのはとてもうれしいですね。 引き出しはキャスター付きなので引き出しはとてもスムーズ。

■本体フレーム

本体フレームはメラミン樹脂シートを使用しているので粘着や汚れに強くお手入れが簡単!

いつまでもきれいに使いたいという方にはピッタリですね!

 

参考価格(税込) 16,400~76,800円
スライドワゴン単品※別売(税込) 7,990円
サイズ セミシングル、シングル、セミダブル、ダブル
本体 フレームのみ、マットレス付き、ヘッドボード付き、ヘッドボード無し
本体フレームカラー ホワイト、ブラック
本体材質 LVLすのこ床板、本体フレーム:メラミン樹脂シート張り化粧板
マットレス ネルコバリューマットレス、ネルコZマットレス、圧縮ラクネプレミアムマットレス フォールドエアー付き、マルチラススプリングマットレス、5.5インチポケットコイルマットレス・プレミアムハード
スライドワゴン+引き出し付きベッドセット シングルのみ

 


欲しかったベッドとマットレスが見つかる!おすすめのネット通販ショップ

ベッドとマットレスを販売するネット通販ショップは数え切れないほどありますが、

必ず一度は見ておきたい

おすすめのネット通販ショップがココ!

欲しかったベッドとマットレスが見つかる!おすすめのネット通販ショップ

ロフトベッド・システムベッドで3つの悩みを解決!テレワーク環境を整える

関連記事

  1. 引き出し付きベッド一覧 チェスト代わりに!おすすめ収納付きベッド

    2020.05.24
  2. フロアベッド・ローベッドで寝室を広く!おしゃれなおすすめベッド

    2020.05.23
  3. 7万円から8万円の価格で購入できる!おすすめのおしゃれベッド特集

    2020.05.23
  4. おすすめ高級ベッドの選び方!セレブ気分が満喫できる豪華なベッド一覧

    2019.12.02
  5. ダブルベッド一覧! 2人で仲良く眠るならダブルベッドのサイズ

    2020.01.07
  6. 1万円から2万円の価格で購入できる!おすすめのおしゃれベッド特集

    2020.03.02
PAGE TOP