Loading

BLOG

LYCKA2 リュカ2 すのこベッド の5大おすすめポイント!北欧風スタイリッシュベッド

lycka2 北欧風ベッド リュカ2


LYCKA 「リュカ」とは、スウェーデン語で「幸せ」という言葉を意味していることをご存じですか?

そんな言葉の意味をしっかりとベッドに詰め込んで

小さな幸せでいいから、毎日のように「幸せ」を感じる眠りを手に入れたい!

そんな誰もが願う幸せを、LYCKA2 リュカ2 すのこベッド で気持ちいい眠りのお手伝いをしてもらいませんか。

目次

LYCKA2 リュカ2 すのこベッド 引き出し2杯付き収納ベッド シングル ポケットコイルマットレスセット 照明 棚付 2口コンセント付き

北欧風デザインと機能性で目を引く引き出し付き すのこベッド

それが、LYCKA2 リュカ2 すのこベッド 引き出し2杯付き収納ベッドです。

どこが特におすすめのポイントなのか!

それをしっかりと見ておきましょう。

他のベッドと比べれば比べるほど、誰もがお気に入りになってしまうその理由とは?!


 

LYCKA2 リュカ2 収納付きベッドをおすすめする5大ポイント

  • 温かみのある北欧風デザインがお部屋のムードアップを
  • リーズナブルな価格構成で色々なサイズが揃っている
  • 通気性の良いスノコタイプの床板の採用で湿気やカビ対策に
  • 2杯のキャスター付き引き出しで開け閉めが軽い
  • ヘッドボードのブックシェルフがワンランク上の高級感を

この5大ニーズを見たしてくれるのがLYCKA2 リュカ2 すのこベッド 引き出し2杯付きベッド
もちろんコスパにも自信があるベッドですね。

シンプルなデザインの中にもしっかりと湿度対策が取られている通気性が高い機能性ベッド

下の写真がベッド本体フレームのみの状態です。

ご覧のとおり、湿気対策を考えた通気性の高いすのこ構造を床板に採用しています。

しかも引き出しが軽いキャスター付きの収納引き出し2杯付きタイプ!

湿度の高い季節や、カビの心配や悩みを経験している方なら床板にスノコタイプを選ぶ大切さはすでにご存じですよね。

お部屋の通気や換気、そして湿度対策がうまくいかないと、マットレスとマットレスを受ける床板との間がカビだらけになってしまうことがあります。

その結果、必要な通気ができなくなることでマットレスの下がカビで黒ずんでしまうことも

そうなると最悪の場合にはマットレスの交換も考えなければなりません。
それもそのはず、マットレスは丸ごと洗うわけにはいかないからです。

マットレスの価格は安いものから高価なものまで、確かにピンキリですが、だからいって頻繁に購入するようなものではありませんよね。

それどころか、できることなら少しでも長く使いたいという気持ちをお持ちの方がほとんどのはずです。

ところが、そんな期待に反して残念な結果を生む原因は、湿度が高いこと、
加えて、マットレスと床板との間の通気性が悪い結果ともいえます。

そんなことにならないようにしたい!

でもどうしたらいいの?

その解決のためには、通気性の悪さを改善するためにスノコタイプの床板が標準になっているベッドを選ぶことです。

いつもエアコンで除湿をしているという方を除けば、常にお部屋の湿度が低いという方は少ないのではないでしょうか。

乾燥気味のお部屋であればマットレスの下にある床板のことなど、あまり気にかけることはないかもしれません。

でも日ごろから、また、梅雨の時期になると異常に室内の湿度コントロールが難しくなる!

そんな心配があるなら、通気性の悪いフラットタイプ(平面)を選ぶのは避け、マットレスの床板は通気性のあるものを選ぶようにしておきましょう。

でも、どうしてもお気に入りのベッドには床面がすのこ構造になったものが見つからない。

そんなときには、せめて日ごろから湿度対策グッズを活用するようにして対策をするようにしておきましょう。

その点、LYCKA2 リュカ2 すのこベッドは最初から通気性を考えた、すのこタイプの床板を採用しているので安心できますね。

他にもメリットとして、

軽く引き出すことができるキャスター付きの引き出しが2杯付いていますよ。

ヘッドボードの両サイドに照明が付いていると便利!




LYCKA2 リュカ2 すのこベッドのヘッドボード両サイド部分に照明が2灯付いています。

一般的にダブルサイズ以下のサイズのベッドの場合、照明の数は一灯のタイプのものが多いですよね。

照明は1つあれば十分という方ならそれでも良いのですが、実は照明が2つ付いている理由もあります。

例えば、照明の数が一つのタイプの場合、夜間にライトの球が切れてしまった時どうしますか?

あたりまえのことですが、1つの照明しかついていないですから、室内は完全に暗い状態になってしまいます。

つまり、暗闇のなか手探りで動かなければならないという危険な状況になってしまいます。

それでもお部屋の照明を付けることができるから、特に支障が無いように思うことでしょう。

ところが夜間ふと目覚めたときにお部屋の照明灯を付けると、そのまぶしすぎる照明の光量で一気に眠りが妨げられてしまいます

もちろんその結果は、睡眠不足を引き起こすことにもつながりかねません。

そんなときベッドの照明が2つ付いているなら、もう一つのほのかなライトの明りで眠りを邪魔されることもなくなるわけです。

また、隣で熟睡しているパートナーやお子さんの眠りを妨げるようなことも避けることができますね。

さらには、もし照明が一灯しか付いていないベッドのタイプだった場合、照明が球切れを起こした場合には、替えの電球を交換するまでは、毎夜真っ暗闇の不便な状態が続いてしまうことになってしまいます。

もちろんめったに電球の玉切れなどはありません。

普段から照明というのは電球が切れるまでは、特別に意識をすることはありません。

ところが、一度玉切れを起こすと毎晩のことなので、想像以上に不便なことを感じることになってしまいます。

だからこそ、ライトは1灯よりも2灯の方がいざというときにもとても便利なのです。

照明が標準で2か所付いていると、一人で寝ているときもそうですが、二人で寝ているときにもとても便利なものです。

ヘッドボードコーナーの丸みを帯びたデザインがムードライトとベストマッチング


LYCKA2 リュカ2 すのこベッドのヘッドボードは上の写真のように、両サイドのコーナーの角部を取り除き、丸みを帯びた安全性とやさしい曲線がベッドをやわらかいフォルムに見せてくれています。

この両サイドの角の取れた丸みと、両サイドに取り付けられたやわらかい暖色のムードライト

この組み合わせと木目調のフレームが一層お部屋をムードアップ!

心地よい眠りに大切な満足感を高めてくれるデザインとモダンライトはどなたにもオススメですね。

両サイドの照明が点灯した状態が下の写真です。

ムードあふれる暖かみのある灯りとヘッドボードのコーナーの丸みあるデザインは、あなたの寝室のイメージをさりげなくグレードアップしてくれますね。



ダブルサイズのベッドは、パートナーの眠りを妨げることが無いように、左右別々に照明スイッチのオン・オフができるように配慮されています。

パートナーへの優しい思いやりはベッドの選び方でも自然に伝わってくるものですね。

ブックシェルフとフットライトが機能美を一層グレードアップ


ヘッドボードの照明はヘッドボード下にあるブックシェルフからほんのりと明りが漏れ出すようになっています。

一般的なヘッドボードの場合、ヘッドボードの厚みはそのままベッドの全長となっています。

ところが、LYCKA2 リュカ2 すのこベッドは、ヘッドボードの厚みをフルに活用しているのです。

ヘッドボードの厚みの部分を単純に厚みとして扱うのではなく、無駄なく効果的に活用するために、両サイドの照明の明りがほんのりとしたフットライトとして使えるように設計してあります。

フットライトは、真夜中に安全を考えて足元を照らしてくれるとても便利なライトですね。

ホテルなどのベッドや室内には必ずと言っていいほど取り付けられているのが、このフットライトです。

真夜中の移動時にも明るい室内の明りを点けてしまうのではなく、足元の安全を確保するために最小限必要な照度を保つのがその役割なんです。

そんなホテルライクな間接照明が最初から付いているLYCKA2 リュカ2を選んで、自分だけのゴージャス空間を手に入れたいですね。

ヘッドボードにはスマホやタブレットに欠かせないコンセントを標準装備



ヘッドボードにコンセントが付いていると何が便利かというと、あえて言うまでもないかもしれませんね。

スマホやタブレットのようにベッドの上でコンセントが必要なものを使う場合には絶対条件といってもいいほどです。

もちろん、ヘッドボード無しのベッドで壁のコンセントから延長ケーブルをベッドの上まで持ってくる方法もあります。

でも、その場合、使い終わったら就寝前に取り外した電源コードを安全のためにベッドの下に置いておく方が多いのではないでしょうか。

延長コードをベッドの上に置きっぱなしにするのは何となく心配なだけでなく、睡眠中に思わぬ危険があるからですね。

でも、ベッドの下に延長コードを置いておくというのは延長コードが邪魔で掃除がしにくくなります。

また、室内を歩いているときに延長コードをつい踏みつけてしまうので気持ちがいいものではありません。

さらに、普段から床の上を延長コードが見える状態になっている様子は、お部屋の見た目にも乱雑な感じになってしまいます。

だからこそ、安全はもちろん!

その他にも、大切な美観も考えて、電源コードが少しでも視野に入らないようにするためには、ヘッドボードにコンセントが絶対に付いていて欲しいところですね。

ヘッドボードの両サイドにさりげなくつけられているブックシェルフ


おやすみの前に静かな雰囲気で見ておきたいお気に入りの雑誌や写真集、そして大切な読書タイムの本

すぐに眠りに入ることができるようにヘッドボードの両側下にブックシェルフを標準装備してあります。

だから、読み終えて眠りに入る前に本をしまうために立ち上がる必要がなくなりました。

読み終えた書籍はヘッドボードに備えてあるブックシェルフに立てかけておくだけの簡単な収納になりました。

これなら最小限の動作でも、本を大切に収納してすぐにおやすみになることができるようになりますね。

ベッドの下には軽く引き出すことができるキャスター付きの引き出しが2杯付き




毎日の出し入れに便利なのが引き出し式収納スペース

でも、便利なはずの引き出しが、引き出しにくければその使い勝手ともいえるメリットは半減してしまいます。

毎日の出し入れだからこそ、引き出すことに対してストレスが少しでもやわらぐように、引き出しの下には軽く引き出しができるようにキャスターが付いています。

引き出すときにその効果を発揮するのがキャスターの良いところ。

反面、引き出し側に毛足の長いカーペットを敷いていると、キャスターが回転しにくくなり、引き出しにくくなります。

つまり、引き出しの下にキャスターが付いているタイプの場合には、毛足の長いカーペットがキャスターの回転部分の下にまで敷き詰めないようにすると引き出しの軽さというメリットが活用できますね。

または毛足の短いカーペットならキャスターの回転を妨げることなく軽く引き出すことができるようになります。

チョットしたノウハウかもしれませんが、意外に気が付かないポイントです。

引き出しの出し入れが面倒になってしまうことのないようにチェックしておきたい点ですね。

お部屋のレイアウトに合わせて、引き出しは左右どちらにも使うことができる


最近の引き出し付きやチェストタイプのベッドの多くは、引き出しを左右どちらにも取り付けることができるようになってきています。

でも、すべての収納付きベッドが左右どちらでも自由に取り付けができるようになっているとは言い切れません。

片側にしか引き出しが取り付けられないベッドの場合、引き出しの開け閉めができるようにするためにベッドの置き場所が大幅に制限されることになります。

そういうベッドはできる限り避けるのが無難です。

なぜなら、例えば

お部屋の模様替えをするとき

引っ越しなどのように寝室の間取りによってベッドの位置が自然と決まってしまうようなとき

このようなとき最悪の場合、ベッドの配置の仕方によっては引き出すことが出来ないことも想定できるからです。

引き出し付き・チェストタイプのベッドを選ぶときには、引き出しが左右どちらにも取り付けができるものを選ぶのが大切なポイントなんです。

引き出しの反対側も大容量収納スペースとして有効活用!季節物の収納に便利



引き出し機能が付いたベッドで、忘れずにチェックしておきたいところ。

それは引き出しの反対側に収納スペースとして使うことができる空間があるかどうかですね。

なぜなら、引き出しはベッドの幅の分だけ手前に引き出すことができるわけではありません。

もちろん引き出しの反対側にも引き出しが付いているわけではありません。

多くのベッドは片側にのみ引き出しが付いているようになっています。

そして、引き出しの奥行きはベッドの幅の半分にも満たないものがほとんどです。

つまり引き出しの付いていない反対側には、有効活用することができるスペースがベッドの幅の半分程度残っているのです。

その残ったスペースを有効に使うことが出来れば、引き出しの倍以上の収納容量を確保することが出来るようになるわけです。

そう言っても、引き出しの反対側のスペースに毎日出し入れするような物を入れて使うには無理があります。

でも、衣替えのように年に数回の出し入れしかしないようなものを、とりあえず収納スペースに入れておきたい。

そういう使い方をするのであれば、相当な収納をすることができる、とても重宝するスペースになることでしょう。

すのこ床板が通気性を高め快適な眠りをサポート


マットレスを受ける床板にすのこ床板を使うメリット!

それは言うまでもなく、カビや湿気対策のための通気性や換気を高めるところに最大のポイントがあります。

マットレスの裏側やマットレスを受ける床板の状態を毎週のように点検する自信はありますか?

ほとんどの方は「NO」と答えることでしょう。

マットレスは厚みも幅もあるため、想像しているよりも扱いにくいものです。

そのため、当然のようにマットレスの下にある床板の状態にまでは、なかなか目がいかないのが本音ともいえます。

たまたま、マットレスの下の状態を確かめるためにマットレスの一部を持ち上げたときに、「床板ともども黒カビが広がっていた」という不衛生な状態を避けるためには、少しでも通気性を高める仕組みが必要となります。

だからこそ、すのこタイプの床板を使用することで、換気効率を高め、マットレスを衛生的に、かつ長持ちするように使いたいところですね。

マットレスが長持ちするということはコスパに直結する大切なポイントになるのです。

安全性を目に見えるようにする!第3者機関による荷重試験に合格



ベッドを選ぶときに機能やデザイン、価格をチェックすることはもちろんですが絶対に忘れてはいけないのが安全性!

LYCKA2 リュカ2 すのこベッドは見た目にはわかりにくい安全性という重大なポイントを、誰にでもわかりやすいように第3者機関による荷重試験という形で提供しています。

あたりまえのことをあたりまえに提供することが大きな安全安心につながるからです。

ベッド選びに大切なポイントの一つとして、第3者機関による厳格な試験により品質を確かめることは、安全のためにとても大切なことなのです。

本体フレームの表面はメラミン樹脂シートなのでお手入れが簡単!



自然な木目の一枚板を加工したフレームは、何にも代えがたい素材の良さがありますが、その反面、ベッドは高級ベッドといわれているようなお値段になってしまうものが多いともいえます。

でも、一枚板の木目調を活用したメラミン樹脂シートの採用により、ベッドのお値段も大幅にコストダウンすることが可能になりました。

メラミン樹脂シートは一枚板と比べると粘着や汚れに強い特性があるのでベッドのお手入れが簡単なのです。

樹脂シートだからと言って、ベッドを見たときに、いかにもすぐに樹脂シートであることがわかるわけではありません。

むしろ、ベッドから離れて見ていると、一枚板の素材を使っているように見える品質やデザインが施されています。

デザイン性を高めながらもコスパがいいベッドとして、たくさんのベッドに採用されているのもメラミン樹脂シートといえます。

組み立て方の4大工程ポイントで組立をイメージしておこう



ベッドを購入するときに決して忘れてはいけない大切なこと!

それは、組立をする手順を事前に見ておくということです。

組立の説明図を見ることはもちろん大切なことですが、全体の組立工程を大きく分けて知っておくことにより、実際に組立を始めると、いまどこの部分、どこの工程を行っているかがわかるようになります。

全体の組立工程がイメージできるようになると、組立ながら、あとどのくらいの時間で次の組立工程に移ることになるか。

また、完成まであとどのくらいの時間が必要になりそうかがイメージしやすくなります。

今の組立工程がどこまで進んでいるかがイメージできるようになると、この辺で少し休憩にしようか、それともあとどの部分を組み立てたら一休みしようかなどのように自分で時間コントロールができるようになります。

このように、自分で組立の時間がコントロールできるようになると、組立も決して面倒には感じないはずです。

組立で大切なことは、

自分のペースで組み立てること!

これができるようになると大きな家具として面倒に感じやすいベッドの組立も労せず組立ができるようになるものです。

そのためには、組立の全体工程を大きなスパンで組立写真を大きくブロックに分けて組立イメージを事前に把握することは遠回りのように思えて実はとても時間短縮にも有益なはずです。

ヘッドボードの形状で組み立て方法が変わることに注意



LYCKA2 リュカ2 すのこベッドのヘッドボードはサイズによって組み立て方が異なることに注意しておきましょう。

セミシングルサイズとシングルサイズのヘッドボードは上下に組み合わせることでヘッドボードを組み立てることになります。

これに対して、セミダブルサイズとダブルサイズのヘッドボードは左右のボードを中心に合わせて組み合わせることでヘッドボードを完成させることになります。

この点がヘッドボードの組立手順の違いとなりますのでしっかりと見ておきましょう。

ベッドの各部のサイズを把握して、お部屋の中での配置を考えておきたい



LYCKA2 リュカ2 すのこベッドはセミシングルサイズ、シングルサイズ、セミダブルサイズ、そしてダブルベッドまでありますが、そのサイズにも共通しているのが次の点になります。

ベッドの全長:204.1cm

床面までの高さ:26.3cm

床面の長さ:196cm

ヘッドボードの高さ:58cm

ヘッドボードの棚の奥行:8.1cm

ヘッドボードの有効奥行:4.5cm

床面からヘッドボードの最上部までの高さ:27.1cm

そして、ベッドのサイズによって変わってくるのが、ベッドの幅とヘッドボードの幅になります。

セミシングルサイズ幅:80cm

シングルサイズ幅:97cm

セミダブルサイズ幅:120cm

ダブルサイズ幅:140cm

 

さしあたって寝室にベッドを置くにあたり特に気にしておく必要があるのが、ベッドの全長と幅のはずです。

なぜなら、長さ=全長と幅を意識しておかなければ、

例えばクローゼットが開かなくなる

ドアが最後まで開かなくなる

チェストや収納家具の引き出しが最後まで開けることが出来なくなる。

ということが起きてしまう可能性もあるからです。

ベッドの高さが原因で普段の生活に支障が起きることはほとんどないと思います。

でも、ベッドの全長や幅については、お部屋のサイズやドアの位置、さらには置いてある家具の配置によっては使いにくくなることがあります。

だからこそ、せっかくのお気に入りのベッドなのですから、最低でもベッドを入れるお部屋のドアが内開きか外開きか。

ベッドが他の家具と干渉することはないか。

という点などについて、少なくてもベッドの全長と幅を確認したら、お部屋の壁やドア、家具までの距離をメジャーで測って不便にならない事前にチェックしておきましょう。

引き出しの内側のサイズを知ることで、収納できるものが見えてくる



引き出しのサイズで気にすべき大切なポイントは引き出しの内寸(内側の幅・奥行・深さ)です。

引き出しの外寸には引き出しの厚みがあるので、実際に収納できる容量は内側のサイズになるからです。

LYCKA2 リュカ2 すのこベッドの引き出しの内寸は、

幅:88cm

奥行:38.4cm

深さ:9.4cm

というスリーサイズになっています。

なお、引き出しに入れるときは、収納するものをギリギリの高さまで詰め込むのは避けましょう。

繊維や布物を無理やりたたんでしまい込むようなことをすると、収納したものがふくらんでしまい、引き出しにくくなる恐れがあるからですね。

それから、ベッドの引き出しに限らず、どのような収納方法においても、詰め込みは通気性を悪くします。

その結果、湿気やカビの原因にもなりかねませんので注意しておきましょう。

ゆとりを持ったスペースで収納するようにすると、引き出しの開け閉めはもちろんのこと、普段の出し入れも楽になります

そして、ゆとりがある収納方法にすることは、結果的に通気性を高めることにもなり、湿気やカビの対策にもなるという良い循環につながる訳です。

カラーは明るいトーンのブラウンと清潔感のあるナチュラルの2種類から選べる





LYCKA2 リュカ2 すのこベッドのカラーは、温かみのあるブラウンとスッキリさわやかなカラーのナチュラル2色からお部屋のコーディネートやお好みで選ぶことが出来ます。

同じカラーで2台並べるのもゴージャス感があっていいのですが、シティホテルのようにツインベッドにして使うのもおしゃれな使い方ですね。

 

ホテルライクのマットレスをコスパ抜群のリーズナブル価格で選びたい



高価なマットレスに採用されることが多いポケットコイルスプリングを採用



マットレスだからこそ、衛生感を考えたコンパクト真空パッケージでお届け



マットレスは狭くて運びにくい空間にも搬入しやすいようにコンパクトになった状態で届けられます。

だから、今までマットレスの幅や長さが気になってお部屋まで搬入できないのではという不安はなくなりますね。

もちろん衛生的な真空ロールパッケージで届けられるので、安心してその日からマットレスに体を預けることもできますね。

何と言っても、マットレスは洗濯機で丸洗いできるようなサイズではないので、最初からコンパクトかつ清潔な状態で届けられるのは何よりも一番うれしいものです。

高級感のあるブラックカラーマットレス



マットレスのカラーはブラックを採用

マットレスは、ホワイトやベージュ系の明るい色調のものを好んで選ぶ方がいるのも事実です。

でも、マットレスのカラーをブラックにすることでマットレスの変色が目立ちにくくなるというメリットがあります。

マットレスにボックスシーツを使う方ならマットレスは白色系よりも濃い色のものを選んでおくと、万が一マットレスに飲み物をこぼしてしまった時などにも後々シミが目立たなくなります。

マットレスの側面はマットレスの上に体を預けたときにも通気しやすいように3Dメッシュ構造を採用しています。

マットレスの通気性を確保することで湿気やカビ対策にも有効になるわけです。

さらにマットレスの裏面には通気性と保温性の高い不織布を採用しています。

欲しかったベッドとマットレスがお得な価格で!おすすめのネット通販ショップ

ベッドとマットレスを販売するネット通販ショップは数え切れないほどありますが、

必ず一度は見ておきたい

おすすめのベッド通販ショップがココ!

欲しかったベッドとマットレスが見つかる!おすすめのネット通販ショップ

割引や期間セールは要チェックです!

このお店をおすすめする理由!

それは安心の1年保証

 

選ぶなら保証があるものを!

ベッドやマットレスは高価なもの。だからこそ安心できる保証付きを選びたいものですね

 

《関連Blog》

ZESTO ゼスト収納付きベッドでコスパがいい選び方を!マットレス付きが1番のおすすめ

2万円から3万円の価格で購入できる!おすすめのおしゃれベッド特集

収納付きベッドの選び方!3つの特徴からメリットとデメリットがわかる

《参考Blog》
おすすめ高級ベッドの選び方!セレブ気分が満喫できる豪華なベッド一覧

ZESTO ゼストベッドはコスパ重視!おすすめはマットレス付き

関連記事

  1. お得な収納付きベッド3つの選び方!チェスト・引き出しタイプから選ぶ

    2020.01.15
  2. 5万円から6万円の価格で購入できる!おすすめのおしゃれベッド特集

    2020.05.20
  3. 8万円から9万円の価格で購入できる!おすすめのおしゃれベッド特集

    2020.05.23
  4. 9万円から10万円の価格で購入できる!おすすめのおしゃれベッド特集

    2020.05.23
  5. 10万円以上の価格で購入できる!おすすめのおしゃれなベッド特集

    2020.05.20
  6. 6万円から7万円の価格で購入できる!おすすめのおしゃれベッド特集

    2020.05.20
PAGE TOP